老子の教え あるがままに生きる 電子書籍ストア ブックライブ セール 実施

BookLive「ブックライブ」の老子の教え あるがままに生きる無料立ち読み


斬新な解釈が大反響を呼び、中国語や韓国語にも翻訳された『超訳 論語』。その著者・安冨歩東京大学東洋文化研究所教授が、今度は『老子』に挑んだ。五年の歳月をかけ、数多く存在するテキストの吟味と綿密な解釈とを経たうえで、可能な限りわかりやすく現代語訳したものが本書『老子の教え あるがままに生きる』だ。二千数百年前に書かれた『老子』という書物は、具体的な人名や地名がまったく現れない、抽象的な議論に終始した内容であるにもかかわらず、長い年月にわたって東アジアの人々の思考の指針であり続けてきた。それはこの書物の内容の深さと広さとの証明である。また、欧米の知識人の興味を強く惹きつけ、そのキーワードである「道(タオ)」という言葉は広く流通している。世界全体を見渡せば、『老子』は『論語』よりもはるかに広く読まれ、大きな影響を与えているのだ。『老子』がこれほど広く深い影響を与えた理由は、その抽象論が、単なる思考の遊戯ではなく、生きるための実践的意味を持っているからだ。その言葉を理解するための手掛かりは、本の中にではなく、私たちの生活の中にある。読者が、老子の言葉を手助けとして日々の困難を乗り越え、それらの経験によって言葉の意味を感じ取る、という過程が積み重ねられ、『老子』は二千数百年にわたって読まれてきた。『老子』の思想の根幹は、その動的な世界観にある。つまり、世界のいかなるものも、動かないものとしてではなく、生まれ、変化し、滅ぶものとして理解する。そしてそれを、固定した動かし得ないものと思い込んでしまうことの危険性を、さまざまな角度から指摘し、粘り強く繰り返し、叱咤激励する。一度言われたらわかるようなことではなく、繰り返しとされなければ、私たちの中に入ってこないからである。そうすることで読む者は、ここに込められた知恵を、生活の中で把握し豊かに生きる道を見出すことができるようになるのである。
続きはコチラ



老子の教え あるがままに生きる無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


老子の教え あるがままに生きる詳細はコチラから



老子の教え あるがままに生きる


>>>老子の教え あるがままに生きるの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)老子の教え あるがままに生きるの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する老子の教え あるがままに生きるを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は老子の教え あるがままに生きるを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して老子の教え あるがままに生きるを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)老子の教え あるがままに生きるの購入価格は税込で「1296円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)老子の教え あるがままに生きるを勧める理由

老子の教え あるがままに生きるって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
老子の教え あるがままに生きる普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
老子の教え あるがままに生きるBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に老子の教え あるがままに生きるを楽しむのにいいのではないでしょうか。


数年前までは単行本を買っていたとおっしゃるような方も、電子書籍という形で読んでみた途端に、便利さに感動するということがほとんどです。コミックサイトもかなり運営されていますので、必ずや比較してから選ぶことが大切です。
少し前のコミックなど、小さな書店では注文しなければ手元に届かない書籍も、BookLive「老子の教え あるがままに生きる」という形で様々取り扱われているので、その場で直ぐに購入して読み始めることができます。
店頭販売では、棚の問題で本棚における書籍数に制約がありますが、BookLive「老子の教え あるがままに生きる」という形態であればそのような問題がないため、発行部数の少ない物語も少なくないのです。
多忙でアニメを視聴するだけの時間を確保できないなどと言う人には、無料アニメ動画がもってこいです。毎週同一時間帯に視聴するなどということはしなくていいので、空き時間を活用して見れるわけです。
定常的に沢山漫画を買うという人にとっては、月毎に同一料金を払うことによりどれだけでも読み放題でエンジョイすることができるというプランは、まさしく画期的だと捉えられるでしょう。





老子の教え あるがままに生きるの情報概要

                    
作品名 老子の教え あるがままに生きる
老子の教え あるがままに生きるジャンル 本・雑誌・コミック
老子の教え あるがままに生きる詳細 老子の教え あるがままに生きる(コチラクリック)
老子の教え あるがままに生きる価格(税込) 1296円
獲得Tポイント 老子の教え あるがままに生きる(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ