木島日記 電子書籍ストア ブックライブ セール 実施

BookLive「ブックライブ」の木島日記無料立ち読み


昭和初期――オカルト、猟奇事件、ナショナリズムが吹き荒れる東京。民俗学者の折口信夫は古書店「八坂堂」に迷い込み、その棚にあるはずのない、未だ構想中の自分の小説『死者の書』を見つける。「何が書いてあるか読んでごらんなさい」奇怪な仮面を被った店の主人、木島平八郎に促され、その奇妙な書の頁をめくった時から、折口のまわりで奇怪な出来事が起こり始める……。「あってはならない物語」へ誘う傑作文豪怪奇ミステリ!書き下ろしの〈自著解題〉を付す改訂新装版で復活。【目次】第一話 死者の書第二話 妣が国・常世へ第三話 古代研究第四話 水の女第五話 若水の話〈自著解題〉物語を供養する
続きはコチラ



木島日記無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


木島日記詳細はコチラから



木島日記


>>>木島日記の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)木島日記の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する木島日記を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は木島日記を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して木島日記を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)木島日記の購入価格は税込で「950円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)木島日記を勧める理由

木島日記って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
木島日記普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
木島日記BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に木島日記を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「乗車中に漫画本を広げるなんて考えたこともない」、そんな人であってもスマホに丸ごと漫画をダウンロードしておけば、人目を考慮する必要が皆無になります。こうしたところがBookLive「木島日記」の素晴らしいところです。
待ち合わせの時間つぶしにピッタリなサイトとして、人気が出ているのがBookLive「木島日記」だと聞いています。お店に行ってまでして欲しい漫画を探したりせずとも、スマホを1台用意すれば簡単に購読できるというのがおすすめポイントです。
無料コミックの場合は、買った方が良いかどうか迷っている漫画の冒頭部分を0円で試し読みすることが可能になっています。買う前にストーリーをおおまかに認識できるので、高い評価を受けています。
電子書籍というものは、気が付いた時には支払が高額になっているということが十分あり得るのです。ですが読み放題サービスなら月額料が一定なので、どれだけDLしたところで支払金額が高くなるなんてことはないのです。
ここに来て、電子書籍業界では今までとは違う「読み放題」というプランが誕生し人気急上昇中です。1冊単位でいくらというのではなく、ひと月いくらという料金徴収方法になっているのです。





木島日記の情報概要

                    
作品名 木島日記
木島日記ジャンル 本・雑誌・コミック
木島日記詳細 木島日記(コチラクリック)
木島日記価格(税込) 950円
獲得Tポイント 木島日記(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ