戦後の苦難 電子書籍ストア ブックライブ セール 実施

BookLive「ブックライブ」の戦後の苦難無料立ち読み


敗戦後の混乱の時代、極寒や食糧難の中で労働を強いられた「抑留」、ソ連軍進駐により、満州、朝鮮半島から命がけの「引き揚げ」、青酸カリを抱きしめ敵国だった中国兵の看護など15人が証言。あれから70年-。「国家」や「公」が強調され、戦前・戦中と通底する空気が漂っているようにも映るいま、現在と過去とを切り離すのではなく、過去の証言と向き合うことが求められているのではないか。二度と同じ過ちを犯さないために、先人の声に耳を傾け、「自分事」として、今を見つめるためにも-。証言を補完するため、佐賀新聞の報道から当時の生活ぶりを検証するミニ企画「新聞は何を伝えたか」を佐賀大学の監修も通して掲載。「15人の証言」が、きな臭さが漂う現代に警鐘を鳴らす、今こそ必読の書。本書は2014年10月から1年半にわたる佐賀新聞の連載企画「刻む 佐賀・戦時下の記憶」の一部を再編集したものです。
続きはコチラ



戦後の苦難無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


戦後の苦難詳細はコチラから



戦後の苦難


>>>戦後の苦難の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)戦後の苦難の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する戦後の苦難を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は戦後の苦難を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して戦後の苦難を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)戦後の苦難の購入価格は税込で「324円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)戦後の苦難を勧める理由

戦後の苦難って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
戦後の苦難普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
戦後の苦難BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に戦後の苦難を楽しむのにいいのではないでしょうか。


コミックを楽しみたいなら、コミックサイトが重宝するはずです。買うのも楽勝ですし、最新巻を買い求めたいがために、手間暇かけてショップで事前予約を入れる必要もなくなります。
色んな本をむさぼり読みたい方にとって、大量に買うのはお財布への負担が大きいと言って間違いないでしょう。けれど読み放題ならば、書籍に要する料金を安く済ませることも不可能ではありません。
「スマホは画面が小さいので文字が小さいのでは?」という様に不安視する人もいるようですが、本当にBookLive「戦後の苦難」を手にしスマホで閲覧するということをすれば、その快適さにビックリする人がほとんどです。
本を通販で買う時には、ほとんど表紙・タイトルの他、ちょっとした話の内容しか把握できません。しかしBookLive「戦後の苦難」サイトの場合は、数ページを試し読みすることもできるのです。
「手の届く場所に保管しておけない」、「読んでいるということを隠すべき」と思わざるを得ない漫画でも、BookLive「戦後の苦難」ならば一緒に暮らしている人にバレることなく読み続けられます。





戦後の苦難の情報概要

                    
作品名 戦後の苦難
戦後の苦難ジャンル 本・雑誌・コミック
戦後の苦難詳細 戦後の苦難(コチラクリック)
戦後の苦難価格(税込) 324円
獲得Tポイント 戦後の苦難(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ