のたり松太郎(26) 電子書籍ストア ブックライブ セール 実施

BookLive「ブックライブ」ののたり松太郎(26)無料立ち読み


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/のたり亭主▼第2話/のたり稽古▼第3話/キヨスの純情▼第4話/バカヅキ松▼第5話/松、ID相撲す!?▼第6話/のたり神経戦?▼第7話/中日(なかび)の宴  ●登場人物/坂口松太郎(四股名・荒駒、35歳。伊勢駒部屋の小結。憧れの南先生と結婚したものの、「のたり」な性格はあいかわらず)。田中清(四股名・駒田中、32歳。前頭。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。阿久津五郎(四股名・駒ケ嶽、25歳。前頭。伊勢駒部屋のホープ)。辻(伊勢駒部屋の新弟子。松太郎の付け人)。南令子(元・中学校の教師。松太郎と結婚し、一児をもうける)  ●あらすじ/前巻から数年後、憧れの南先生と結婚した松太郎も、いまや35歳。相撲協会の幹部たちからは「百歳すぎても現役だろう」とカゲ口をたたかれながら、いまだ現役を続行している。しかし、結婚しようが、年をとろうが、例のマイペースぶりはあいかわらずのまま。さて、つぎなる「のたり」の活躍は!?(第1話)▼田中や阿久津をはじめ、稽古に精を出す伊勢駒部屋の面々。一方、松太郎はといえば、ゲームセンターで時間をつぶしている始末。しかし、ひとたび土俵にあがれば、まだまだ田中たちがかなう相手ではない。百年に一人の逸材を大関にすることすらできない……と、伊勢駒親方はなげくことしきりだが!?(第2話)  ●本巻のハイライト/競馬でアブク銭を稼いだとたん、手抜きの無気力相撲を続ける松太郎。しかし、その怪力ぶりは健在で、角界一の腕力の持ち主とされる魁王(かいおう)を相手に腕相撲をして一歩も引けをとらない。そして、まんまと掛け金をせしめた松太郎は、またしても無気力な相撲を繰り返すが……(第4話)。なお、松太郎の実弟・竹志が第7話にて久しぶりに登場。3年前に雷神部屋へ入門し、現在、幕下九枚目であることが描かれる。
続きはコチラ



のたり松太郎(26)無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


のたり松太郎(26)詳細はコチラから



のたり松太郎(26)


>>>のたり松太郎(26)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(26)の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するのたり松太郎(26)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はのたり松太郎(26)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してのたり松太郎(26)を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(26)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(26)を勧める理由

のたり松太郎(26)って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
のたり松太郎(26)普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
のたり松太郎(26)BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にのたり松太郎(26)を楽しむのにいいのではないでしょうか。


スマホで閲覧することができるBookLive「のたり松太郎(26)」は、お出かけ時の持ち物を軽減するのに貢献してくれます。カバンなどの中に読もうと思っている本を入れて持ち運ぶなどしなくても、手軽に漫画をエンジョイすることが可能になるのです。
アニメなしでは生きられない方にしてみれば無料アニメ動画は革命的とも言えるコンテンツなのです。スマホさえ携えていれば、好きな時間に見ることができるのですから、本当に便利です。
1ヶ月分の料金を払ってしまえば、多種多様な書籍を上限なく読むことができるという読み放題プランが電子書籍で話題となっています。毎回購入せずに済むのが最大の利点なのです。
最新刊が出るたび書店で買い求めるのは時間の無駄遣いとなります。とは言っても、数冊まとめて買うのは面白くもなんともなかった時の金銭的・心理的ダメージが大きすぎるでしょう。BookLive「のたり松太郎(26)」は1冊ずつ買い求められるので、失敗することも少ないです。
電子書籍と言う存在は、気が付いたころには購入代金が高くなっているという目にあうことがあります。ところが読み放題サービスならあらかじめ料金が決まっているので、何タイトル読もうとも利用料金が高額になるなんてことはないのです。





のたり松太郎(26)の情報概要

                    
作品名 のたり松太郎(26)
のたり松太郎(26)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(26)詳細 のたり松太郎(26)(コチラクリック)
のたり松太郎(26)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(26)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ