河のほとりで 電子書籍ストア ブックライブ セール 実施

BookLive「ブックライブ」の河のほとりで無料立ち読み


惜しまれつつ亡くなった著者の最後のエッセイ集。透徹した眼力と豊かな想像力で敗者の歴史を丁寧に掬い取った珠玉の名篇。臨在の「済」の字には「河の渡し場」という意味がある。中国、唐末の僧・義玄は、現在の河北省の河に臨む場所に臨在院を建てて禅を広めたことから臨在禅師とよばれたという。臨在は「河のほとり」とも読めるのだ。著者の地元の九州、西日本新聞に連載された「河のほとりで」を中心に、西郷隆盛、武田勝頼、真田幸村(信繁)、源実朝ら悲運に倒れた歴史上の人々や、司馬遼太郎、藤沢周平から松本清張まで先達の作家たちを縦横に論じ、山本兼一、安部龍太郎、青山文平、佐藤賢一、澤田瞳子ら大時代作家の文庫解説でエールを送る。著者の人柄が偲ばれる鋭くも優しい文章たち。
続きはコチラ



河のほとりで無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


河のほとりで詳細はコチラから



河のほとりで


>>>河のほとりでの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)河のほとりでの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する河のほとりでを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は河のほとりでを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して河のほとりでを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)河のほとりでの購入価格は税込で「660円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)河のほとりでを勧める理由

河のほとりでって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
河のほとりで普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
河のほとりでBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に河のほとりでを楽しむのにいいのではないでしょうか。


本の販売不振が叫ばれるようになって久しいですが、電子書籍は新たな仕組みを展開することで、ユーザー数を増加させているのです。今までになかった読み放題というサービスがそれを可能にしたのです。
基本的に本は返品は認められないので、内容を確かめてから購入を決断したい人にとって、試し読みが許される無料電子書籍は非常に便利なはずです。漫画も中身をチェックしてから購入可能です。
「電子書籍が好きじゃない」という方もそこそこいるようですが、一度でもスマホを使って電子書籍を読めば、その扱いやすさや支払いの簡単さから愛用者になる人が多いようです。
「全部の漫画が読み放題であれば、こんなに良い事はない!」という利用者の発想を聞き入れる形で、「決まった金額を月額料として払えば購入の都度支払手続きをしなくてよい」という形の電子書籍が生まれたわけです。
気軽に無料漫画が読めるという理由で、利用者数が急増するのは当たり前の結果だと言えます。店頭とは違い、他人の視線を気にすることなく立ち読みが可能だというのは、電子書籍だからこその利点だと断言できます。





河のほとりでの情報概要

                    
作品名 河のほとりで
河のほとりでジャンル 本・雑誌・コミック
河のほとりで詳細 河のほとりで(コチラクリック)
河のほとりで価格(税込) 660円
獲得Tポイント 河のほとりで(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ