エンディングノート 電子書籍ストア ブックライブ セール 実施

BookLive「ブックライブ」のエンディングノート無料立ち読み


還暦を迎える男は、半年のあいだに対照的な二人の死を経験した。享年83の母と、27歳の元部下。晩年の母を介護したのは、妻だった。その母はエンディングノートを遺し死に支度も調えていたが、なぜか60歳以前の自分史にはまったく触れていなかった。元部下は鬱病とも失恋の末の自殺とも言われていたが、真相は定かではない。ただ二人には共通していたが、後悔の念だけは伺えなかった……。小説にしか描けない、「終活」の真実。
続きはコチラ



エンディングノート無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


エンディングノート詳細はコチラから



エンディングノート


>>>エンディングノートの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)エンディングノートの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するエンディングノートを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はエンディングノートを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してエンディングノートを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)エンディングノートの購入価格は税込で「1620円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)エンディングノートを勧める理由

エンディングノートって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
エンディングノート普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
エンディングノートBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にエンディングノートを楽しむのにいいのではないでしょうか。


コミックは、読み終えた後に古本屋に出しても、買い取り金額は知れたものですし、再読したい時に再購入が必要となってしまいます。無料コミックを活用すれば、収納スペースが不要なので片付けに困らないわけです。
読み放題というのは、電子書籍業界にとっては正に斬新な試みです。ユーザーサイドにとっても出版社側にとっても、プラスの面が多いのです。
さくっとDLして読むことができるというのが、無料電子書籍の利点です。お店まで出掛けて行く必要も、通信販売経由で買った書籍を配達してもらう必要もないというわけです。
「連載という形で提供されている漫画を読みたいんだ」と言われる方には全く必要性が感じられないサービスです。だけど単行本になってから買うようにしていると言われる方にとっては、購入の前に無料漫画にて概略をリサーチできるのは、何より嬉しいことなのです。
「比較は一切せずに選んでしまった」といった方は、無料電子書籍はどこも変わらないという感覚でいるのかもしれませんが、サービスの中身は運営会社毎に異なりますので、比較検証することは重要です。





エンディングノートの情報概要

                    
作品名 エンディングノート
エンディングノートジャンル 本・雑誌・コミック
エンディングノート詳細 エンディングノート(コチラクリック)
エンディングノート価格(税込) 1620円
獲得Tポイント エンディングノート(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ