愛と失恋のヒストリー 電子書籍ストア ブックライブ セール 実施

BookLive「ブックライブ」の愛と失恋のヒストリー無料立ち読み


あれから時が過ぎた今もなお、貴方への愛と失恋を繰り返している。イタリア屈指の名家の御曹司ジオ・ヴァルティエリと、そばにある農場の娘アニータは幼少期からの親友だ。5年前に恋人同士となるも、その後突然ジオから一方的に振られ、アニータはひどく傷ついた。それでも今なお、彼を愛し続けている。あるとき、ヴァルティエリ一族の休暇旅行の直前にジオが大怪我をし、アニータが身の回りの世話をすることになった。二人きりの時を過ごすうち、ふたたび熱い情熱の火花が散ったが、自分は不誠実で結婚には向かないと言うジオに、彼女は肩を落とした。やがてそれぞれの日常へ戻ったあと、予期せぬ妊娠が発覚する。義務感から求婚するジオに向かって、愛なき結婚はできないと、心で泣きながらアニータは告げるのだった……。■アニータに拒まれてもなお、生まれくる我が子の面倒をみると主張するジオ。やがて、気まずく、切なく、熱い同居生活が始まりますが……。『フィレンツェで生まれた恋』の関連作。
続きはコチラ



愛と失恋のヒストリー無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


愛と失恋のヒストリー詳細はコチラから



愛と失恋のヒストリー


>>>愛と失恋のヒストリーの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)愛と失恋のヒストリーの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する愛と失恋のヒストリーを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は愛と失恋のヒストリーを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して愛と失恋のヒストリーを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)愛と失恋のヒストリーの購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)愛と失恋のヒストリーを勧める理由

愛と失恋のヒストリーって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
愛と失恋のヒストリー普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
愛と失恋のヒストリーBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に愛と失恋のヒストリーを楽しむのにいいのではないでしょうか。


コミックサイトの一番の訴求ポイントは、取り揃えている漫画の数が普通の本屋とは比較にならないくらい多いということだと考えられます。売れ残って返本作業になる心配がいらないので、多数のタイトルを置くことができるわけです。
ショップでは、棚の面積の関係で置くことができる本の数が制限されますが、BookLive「愛と失恋のヒストリー」という形態であればそんな問題が起こらないので、一般層向けではない物語も販売することができるのです。
無料漫画につきましては、書店での立ち読みに近いものだと捉えられます。中身をそこそこ理解してから購入することができるので、ユーザーも安心感が違うはずです。
店頭では商品棚に並べる漫画の立ち読みを防止することを目的として、カバーをかけるのが通例です。BookLive「愛と失恋のヒストリー」でしたら最初の部分を試し読みできるので、ストーリーを理解してから購入が可能です。
CDを試し聞きしてから購入するように、漫画も試し読みしてから買い求めるのが当たり前のようになってきたと言ってもいいでしょう。無料コミックを活用して、気になっている漫画を調査してみてもいいでしょう。





愛と失恋のヒストリーの情報概要

                    
作品名 愛と失恋のヒストリー
愛と失恋のヒストリージャンル 本・雑誌・コミック
愛と失恋のヒストリー詳細 愛と失恋のヒストリー(コチラクリック)
愛と失恋のヒストリー価格(税込) 648円
獲得Tポイント 愛と失恋のヒストリー(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ